伊江サウンドジャンボリー

伊江島にて伊江サウンドジャンボリーというイベントに行ってきました。
今回で2回目のイベントらしいのですが、あの斎藤和義先生がやって来るっていうんで、ファンとしては見にいかないわけにはいかないのです。
幸い、伊江島出身の友達が同じせっちゃんファンだったので一緒に行って、現地では大変お世話になりました。
ありがとう。

早速イベント会場に行ってみると、ステージ小さい!人少ない!最高!
人が少ないと言っても、しらけてるワケではなく、公園みたいな芝生が広いためお客さんがそれぞれにゴザとか敷いて寝っころがってイベントを見てるわけです。かなり快適。

昼から夜までのイベントなので、自分はとりあえず体力消耗を回避する為に夕方から参加することに。
それまでは島内観光&昼寝しました。
a0037871_14363574.jpg
海がきれいなのです。さすがです。沖縄でよかったなぁと思う瞬間。

伊江島といえば、伊江島タッチュー。島の真ん中にぽこっと山があります。那覇の小学校の修学旅行の定番スポットでもありますね。私も6年生の時に山に登りました。山っていってもすごい小さいので気軽に登れるのが良いです。今回は私は下の休憩所で待機して、まさやんと友達が二人で登ってきました。良い思い出になったようです♪

昼寝をして、会場へ・・・。
今回出演してるアーティストの中で、見たかったのは後半に集中してたのですが、一組のアーティストを見逃しちゃいました。バンバンバザール
名前しか知らないけど、なんだか楽しそうなので、見たかった。実際盛り上がったらしい。
自分たちが会場に到着したときはsaigenjiという、ちょっとブラジルノリな人でした。歌もいいけど、ギターがかなり軽やかで心地よかったです。

その次は河口恭吾。「サクラ」が売れましたよね。でもそれしか知りません^^; 現地の人はやっぱり売れてる人に興味があったようで、地元の小学生のファンとかがいました。結構ルックスもいいですからね。

その間ずっと飲んでは食って・・・^^;

続いては浜崎貴司。知ってる人も多いかと思いますが、元フライングキッズのボーカルです。彼は行きのフェリーが一緒でした。思ったよりも背が高くて色白で、顔色悪かったです。
でもそんな見た目とは裏腹に、とても力強いステージ!
しかもフライングキッズの懐かしい曲ばかりやってくれました。嬉しい。かっこいいぞ。最後には宇多田ヒカルの「光」をカバー。良い!

次はいよいよせっちゃん。。。。よく考えたら山崎まさよしよりファン歴は長いぞ。
アコースティックライブなので、ギター一本で登場。やっぱり背が高い。でかい。
いきなり「WONDERFUL FISH」うーん、懐かしい。あ~、沖縄で見れて幸せですよ。かっこいいです。
しゃべるのは相変わらずのんびり、だらーっとした口調。このノリが好きです。お客さんが元気がいい人が多かったので、ちょうどいいくらいでした。
「歌うたいのバラッド」ではお客さん同士で肩を組んで横揺れ。青春だ。
これは、本当に感動しました。なんか知らないけど、涙が出てきそうになるのよね。
あっという間のステージを終えて、アンコールでは浜崎貴司とのコラボ曲「オリオン通り」を二人で披露。

豪華だ。豪華すぎる!沖縄でもっとこういうイベントをするべきだ!(自分の趣味で話してます)
最後は出演者全員で「上を向いて歩こう」を合唱。
a0037871_16121325.jpg
ほんと、楽しかったです。やっぱ野外はサイコー。
来年もぜひこんなメンバーで来てほしい。

そして次の日。帰りの船がなんとせっちゃんと一緒だった!
前の日の夜に運良く打ち上げに潜入できた友達の声かけで一緒に写真をとることができました。嬉しい~~~。
夫婦でにんまり。
沖縄での活動楽しみにしてますよー。
a0037871_16144531.jpg
ペーパー夫妻化。
[PR]
by yagiyon | 2005-07-11 16:15 | 生活と遊び
<< 私の沖縄タイム 琉球 結婚式 >>